【JICA】開催決定!7/11(土)国際協力人材セミナーin東京開催!

2015年7月11日(土)JICA市ヶ谷ビルにて、
「国際協力人材セミナーin東京」を開催します。
JICAをはじめとする国際協力実施機関が東京に集結!

セミナーでは、人材に求める資質や能力等について紹介するとともに、
JICA及び各機関・団体の業界動向等についても解説します。
また、国際協力の分野で勤務されている講師をお招きし、現場の生の声や実態、
仕事のやりがいなどを赤裸々にお話しいただきます。

☆1日で国際協力業界の様々な仕事・キャリアについて知ることができます!

☆今年は講師などに直接相談・質問のできる「フリートークスペース」を新設しました!!
☆毎回大好評!座談会、キャリア相談も実施します!!

これから国際協力の分野で活躍を目指す皆様、当セミナーに是非ともご参加ください!
【申 込】 PARTNERより申し込み(トップページのバナーより告知ページへ)
http://partner.jica.go.jp/

 

【日 時】 2015年7月11日(土) 10:00 – 16:10
(受付開始 9:30-、 意見交換会 16:20 – 17:20)
【会 場】 JICA市ヶ谷ビル(東京都新宿区市谷本村町10-5)
JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分

【定 員】 200名(事前申込制/先着順)

【参加費】 無料

※意見交換会は有料です。(軽食代の実費を頂きます)

【問合せ先】 JICA国際協力人材部 PARTNER事務局
セミナー担当   jicahrp@jica.go.jp

※重要なお知らせ
後日PARTNER上で当日のセミナーの様子を報告するため、セミナー中に会場全体の写真撮影、ビデオ撮影を行います。

ブラックバイト相談会&セミナーを行います!in仙台

仙台学生バイトユニオンさんからのご案内です。


 

「店の商品を無理やり買わされることがある」

「バイトを辞めたいと言っても辞めさせてもらえない」

「給料が支払われない時間がある」

「数日間の連勤・長時間勤務が当たり前になっている」

「シフトを無理やり組まれて、講義やゼミに行けなかったことがある」

「アルバイトにも、販売ノルマがある」

 

今、このようなブラックバイトと呼ばれる「学生が学生らしい生活を送れなくしてしまうアルバイト」が大学生の中で増えています。学生アルバイトであるにも関わらず、長時間労働を強いられている、過剰な責任やノルマを課されている、試験期間中でも休ませてくれないなど、学業との両立が難しいアルバイトのことです。

また、「ブラックバイト問題を解決したい!」など、ボランティアに関心がある方に向けた説明会も同時に行っています。こちらもお気軽にご参加ください。

 

仙台学生バイトユニオン ブラックバイト相談会

仙台学生バイトユニオンによるブラックバイト相談会を、以下の日程で行います。

6月9日(火) 17:00~20:00 @仙台市民活動サポートセンター研修室2

6月12日(金)17:00~20:00 @仙台市民会館第6会議室

6月13日(土)14:00~17:00 @仙台学生バイトユニオン事務所(仙台市青葉区本町1-14-20本町キクタビル602)

6月15日(月)17:00~20:00 @戦災復興記念館第5会議室

 

※相談会は、30分程度を目安に、個別にお話をうかがいます。開催時間のうち、ご都合のよい時間にお越しください。

※都合が合わず相談会に参加できないという方は、電話とメールでも相談を受け付けていますので、ぜひそちらにご連絡ください。

 

また6月20日(土)にはブラックバイトに関するセミナーを行います。

 

「闘い方」セミナー:ブラックバイトをなくそう!

日時:6月20日(土)14:00~17:00

場所:エル・ソーラ仙台 大研修室

講師:鈴木絢子弁護士(仙台弁護士会所属)

参加費:無料

ブラックバイト問題に取り組んでいる弁護士をお呼びして、実際に仙台であったブラックバイトの事案を踏まえながら、会社との交渉の仕方や「闘い方」を考えます。さらに、ブラックバイトによる新たな被害者が生まれないように、社会からブラックバイトをなくしていくための取り組みなどを議論します。

仙台学生バイトユニオン

第十四回「琵琶湖外来魚駆除の日」

以下、「琵琶湖を戻す会」様からのご案内です。


4月19日の本年度最初の外来魚駆除大会は生憎の雨天での開催となりました。水温が下がった影響か非常に少ない駆除結果となってしまいましたが52名(新規参加:34名)もの参加者にご参加いただきました。
駆除結果は1.3kg(ブルーギル25尾,オオクチバス2尾)でした。
ご参加、ご協力して下さった皆様、ありがとうございました。

続きまして第十四回「琵琶湖外来魚駆除の日」 のご案内をさせて頂きます。

第十四回「琵琶湖外来魚駆除の日」
http://homepage2.nifty.com/mugituku/anniversary/2015/anniversary15a.html

琵 琶湖の現状や外来魚問題を一人でも多くの方々に知っていただきたいとの願いから、毎年5月最終日曜日を「琵琶湖外来魚駆除の日」として琵琶湖や外来魚に関 する様々なイベントを実施しています。今年も多くの方々にご参加していただけるよう色々なイベントを準備しました。ご自身に合ったイベントを見つけて、ど うぞお気軽にご参加下さい。

開催日:2015年5月31日(日)・・・雨天決行(荒天中止)
時間:10:00~16:00駐車場の開門は8:30
※随時参加・随時解散といたします

会場:滋賀県草津市烏丸半島多目的広場(琵琶湖博物館駐車場奥にある芝生の広場)
交通:
■車の場合
瀬田方面からの場合は南湖東岸の湖岸道路を北上し琵琶湖博物館の看板にしたがってお越し下さい。
■公共交通機関の場合
JR琵琶湖線草津駅西口から琵琶湖博物館行きバスで22分、
終点「琵琶湖博物館前」停留所からすぐ。
駐車場:琵琶湖博物館駐車場料金:550円/1日
※博物館の入場券があれば無料

参加費:大人200円,子供100円(保険料等の実費)
※子供(小学生以下のお子さま)は保護者の方と一緒にご参加下さい。
※なお団体でご参加いただける場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。

プログラム:
◆プログラムは現時点での予定で、予告無く変更する場合があります。◆

★外来魚を釣ろう!:10:00~16:00(天候によっては短縮します)
外来魚駆除釣り大会釣りを楽しみながらも外来魚しか釣れない琵琶湖の現状を知ってください。
数に限りはありますが、貸し竿やエサ・仕掛けを無料で準備しています。

★琵琶湖の魚を味わおう!:11:30~12:30なくなり次第終了
琵琶湖の幸の試食会「外来魚が食い荒らしている琵琶湖の幸はこんなに美味しいものだ」
ということを実感してください。もちろん無料です!
毎年あっという間に無くなってしまいますのでお早めに!
協力:滋賀県漁業協同組合連合青年会

★みんなで地引き網を引こう!:13:00~14:00
地引き網体験外来魚駆除のため皆さんの手で地引き網を引いてください。
網を引くために皆さんの協力が必要です!
協力:滋賀県漁業協同組合連合青年会

★魚の解剖に挑戦してみよう!:14:00~15:00受付は13:30で締め切ります
外来魚解剖教室皆さん自身の手で釣った外来魚を解剖して、外来魚が何を食べているか
などを観察してもらっています。毎年子どもたちに大好評のイベントです。
※お子様が参加される場合は保護者同伴でお願いいたします。
協力:滋賀県水産試験場・大津漁業協同組合

★魚を見比べてみよう!:10:00~15:30
淡水魚比較展示琵琶湖に生息する生きた外来魚と在来魚を比較展示します。
生まれたばかりのブラックバスの稚魚の大群も展示します。
協力:琵琶湖博物館うおの会

主催:琵琶湖を戻す会
後援:滋賀県
協力
(順不同):滋賀県水産試験場
滋賀県水産課
滋賀県漁業協同組合連合青年会
大津漁業協同組合
山田漁業協同組合
琵琶湖博物館うおの会
滋賀県立琵琶湖博物館
協賛:草津ライオンズクラブ
全国ブラックバス防除市民ネットワーク

当イベントは、参加資格や事前申し込みの必要など一切ありません。個人での参加や飛び入り参加も大歓迎いたします。会場は足場もよくトイレもありますので、ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、大勢でのご参加をお待ちしております。

このイベントでは「BYスタンプラリー」のスタンプを受け付けています。
http://www.byq.or.jp/by-stamp/

今回のイベントに関するお問い合わせがあればお気軽にどうぞ!
琵琶湖を戻す会広報
ZXA00545@nifty.ne.jp

琵琶湖を戻す会は外来生物法の主務官庁(環境省/農林水産省)から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/prevention/prevention.html