琵琶湖を戻す会 第十一回「外来魚情報交換会」

NPO法人社会貢献ネットワーク

「琵琶湖を戻す会」さんからのご案内です。

第十一回「外来魚情報交換会」

こんにちは、いつもお世話になっております。琵琶湖を戻す会です。
恒例の外来魚情報交換会のお知らせです。

http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2016/exchange16a.html

開催日:2016年2月6日(土)・7日(日)
受付:(6日)12:00~12:55
(7日)9:00~9:30
開催時間:(6日)13:00~17:30
(7日)9:30~13:00 ※時間帯は発表数によって変更する場合があります。
懇親会:(6日)18:30~

会場:滋賀県草津市立まちづくりセンター3階(301・302会議室)
滋賀県草津市西大路町9-6 ※JR琵琶湖線「草津駅」西口を西に200m
周辺地図はこちら
http://homepage2.nifty.com/mugituku/map/kusatsu/kusatsu.gif

テーマ:外来魚防除に関する様々な情報の交換と相互交流

目的:ブルーギルやブラックバス等の外来魚の防除に関する様々な情報を持ち寄って発表し、お互いの情報を交換することによって外来魚防除に対する意識と知識を高め、お互いの連携を深めることを目的とする。

内容:外来魚の情報であれば駆除方法や生態などジャンルを問わない。発表者・参加者も滋賀県下にこだわらず広く参加を募る。特に発表者に関しては、一般市民をはじめ、漁業者・行政・研究機関・学者・学生・釣り人等々から広く参加を募り、外来魚の現状、生態、駆除方法から釣り方のコツまで幅広い視点からの情報収集を行う。話し手・聞き手を同じ目の高さにし、発表ごとに質疑応答の時間を設けることで情報交換とともに参加者相互の交流も目指す。情報交換会と懇親会とのセットで1つのイベントと考えている。

プログラム:6日(土)
12:00~12:55受付
12:55~13:00開会
13:00~17:30発表
18:30~懇親会

7日(日)
9:00~9:30受付
9:30~13:00発表
13:00閉会

※プログラムは予告無く変更する場合があります。

主催:琵琶湖を戻す会
共催:全国ブラックバス防除市民ネットワーク
後援:滋賀県(予定)
協力:環境再生保全機構地球環境基金

定員:外来魚情報交換会:先着100名
参加費:外来魚情報交換会:無料(資料代:500円)
懇親会:4,000円(予定)
参加資格:なし
参加申込み:※事前申し込みが必要です。

第十一回「外来魚情報交換会」募集要項
下記の項目を全て記入の上、メールにてお申し込み下さい。
参加者名:
ふりがな:
所属:※あればで結構です
連絡先:(住所)
(電話)
(メール)
情報交換会:両日とも参加・6日のみ参加・7日のみ参加
発表:発表する・発表しない
発表する場合のテーマ「」
※発表テーマは“外来魚”(国内移入種も含む)に関するものに限ります。
懇親会:参加する・参加しない

◆発表者募集は先着順で受け付け、発表枠数に達し次第締め切らせていただきます。
◆発表時間は一人15分程度を予定しています。
参加者は会場の都合により先着100名で締め切らせていただきます。
同時に複数名申し込まれる場合は全員のお名前と代表者の連絡先をお書き下さい。

お問い合わせ/申し込み先:
琵琶湖を戻す会代表
masahiko.takada@nifty.ne.jp
或いは
琵琶湖を戻す会広報
ZXA00545@nifty.ne.jp
まで

ご参加いただければ、皆さんの外来魚対策活動に必ずお役に立ちます!!

第十一回「外来魚情報交換会」案内&参加申込用紙
PDFファイル版exchange2016a.pdfSIZE:219KB
http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2016/photo/exchange2016a.pdf
Wordファイル版exchange2016a.docSIZE:43KB※申込用紙のみ
http://homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2016/photo/exchange2016a.doc
ダウンロードして自由にご利用下さい。
但し、内容は予告無く変更になる場合があります。

琵琶湖を戻す会は外来生物法の主務官庁(環境省/農林水産省)から特定外来生物防除認定を受けています。
http://homepage2.nifty.com/mugituku/prevention/prevention.html