超常識

自由に発想して、社会に貢献しよう。

 

インターネットやネット上のSNSの普及で、

「みんなの意識」という捉え方が様々な領域に

浸透しています。

 

このみんなの意識が「常識」化し、

少しでもその路線から外れると、

異端と見なされてしまうような風潮があります。

 

でも、社会を大きく変えてきた方々は、

常識にとらわれず、

固定観念を持たず、

自由に発想したから

その功績を残せたのではないでしょうか。

 

「非常識」、「脱常識」といった表現は、

否定的に捉えられがちですので、

「超常識」という表現にしたいと思いますが、

社会をより良くしたい

と思い立った時、超常識的に考えることも

必要だと思います。

 

社会貢献というと、

「助ける人」と「助けられる人」とに

分ける視点が常識化してしまっているような

ところがありますが、

この視点、ややもすると、

今、流行りの言葉である「格差社会」を

根深いものとしてしまう恐れがあります。

 

「一緒に問題解決に取り組む人たち」

と、位置づけを変えると、

活動内容が大きく変わります。

 

今のあたりまえや固定観念(=常識)から解放され、

自由(=超常識)に発想できた時、

次のステージに進めると思います。