健康維持努力が社会貢献

社団法人中央政策研究所によると、前期・後期高齢者医療費のピークは、

2044年で、約29兆4,500万円(現状投影)

高齢者医療費の現役世代1人当たりの健康保険料としての年間負担は、

現状の15万円台から、2059年には、30万円台

という試算があります。

http://www.chuseiken.or.jp/research_medicine_201306_1.html

 

この数字には、介護保険料は含まれておりませんので、

現役世代の年間負担はさらに上乗せされることになります。

 

今後の日本において、

健康を維持できるよう努めることが、大きな社会貢献となります。