NPOの社会貢献活動指針

社会的課題の解決を目指すNPO等非営利組織の社会貢献活動指針

1.取り組む課題を絞り込む

解決策(達成策)を描けるよう、取り組む社会的課題の範囲を絞り込もう

2.社会的課題の現状を丁寧に把握する

的を射た解決策を導き出せるよう、取り組む社会的課題の現状を丁寧に把握しよう

3.活動のゴールを数値化する

自己満足型の取り組みとならないよう、社会貢献活動のゴールを明確化しよう

4.ゴール達成策を鮮明に描く

組織の力を最大限引き出せるよう、ゴール達成策を明確かつシンプルにしよう

5.ゴールと達成策をセットでアピールする

理解者、協力者を数多く集められるよう、ゴールと達成策をセットでアピールしよう


1.取り組む課題を絞り込む

NPOは、

  • 保健・医療・福祉
  • 社会教育
  • まちづくり
  • 観光
  • 農山漁村・中山間地域
  • 学術・文化・芸術・スポーツ
  • 環境の保全
  • 災害救援
  • 地域安全
  • 人権・平和
  • 国際協力
  • 男女共同参画社会
  • 子どもの健全育成
  • 情報化社会
  • 科学技術の振興
  • 経済活動の活性化
  • 職業能力・雇用機会
  • 消費者の保護
  • 連絡・助言・援助
  • 条例指定

以上、20の活動分野(平成27年3月現在)から、活動領域を選定して、社会貢献活動に取り組みます。

社会的課題の解決を目指す際、その対象領域が大きくなればなるほど、人や時間、資金などの投入資源が膨らむこととなり、巨大な組織でなければ対応しきれなくなってしまいます。

解決したい社会的課題を
たとえば、5W1H

  • Who 誰を対象とするのか
  • What 何を対象とするのか
  • When いつの事象を対象とするのか
  • Where どのエリアを対象とするのか
  • Why 何に起因するものを対象とするのか
  • How どのような状況にある事象を対象とするのか

といった視点から、絞り込まないと、その課題の状況把握すらできなくなってしまいます。

課題解決後の具体的なイメージを描けるよう、対象とする社会的課題を絞り込みましょう。

課題が絞り込めれば、活動への参画者、理解者も集めやすくなると思います。

2.社会的課題の現状を丁寧に把握する

対象とする社会的課題が絞り込めたら、その課題の現状を可能な限り詳細に把握しましょう。

目指すは、
「この社会的課題については、この団体に聞けばわかる」
とご指名頂ける状態です。

ここでも、例えば、前項同様5W1Hで、

  • Who どなた達が
  • What 何が
  • When いつの時点で
  • Where どこで
  • Why どのような理由で
  • How どのような状況か

といった視点で、課題の現状を丁寧に把握すればするほど、その
解決策=NPOとしての取り組み内容
を鮮明にイメージできるようになります。

たとえば、

  • 地域の高齢者の方々の7割は、移動手段がなく、日常生活上の買い物に不便を感じている
  • このエリアに住む子どもたちの1割は、放課後一人で過ごしている
  • ABC川の水質を3か月にわたり調査したところ、XYZが10%増加していた

といった形で、現状を数値化することができれば、活動のゴールもその解決手段も鮮明にしやすくなると思います。

3.活動のゴールを数値化する

「この活動領域で社会に貢献しています」
と表現するより、
「この活動領域で、・・・のような状況に置かれている方々を向う5年間で8割削減する活動に取り組んでいます」
と表現できた方が、協同者、賛同者を増やしやすくなります。

自団体の活動のゴールは数値で表現できていますでしょうか。ゴールが数値化されていないと、周囲からは、何をやっているのかわかりにくく、自己満足型の取り組みに陥ってしまいます。

  • 人数
  • 件数
  • 回数
  • 日数
  • 時間
  • 金額
  • 割合
  • 面積

等々
ゴールを数値で設定することにより、解決手段も鮮明化しやすくなると思います。

4.ゴール達成策を鮮明に描く

ゴールを数値化できたら、次は、その達成策を練ります。

達成策について検討する際、自団体単独でできるかどうか?という視点は横に置き、ゴール達成に効果的と考えられる手段を洗いざらい抽出します。

抽出された手段一つひとつについて、その手段によって何がどれだけ(数値)、どのように変わると推定できるか整理します。

たとえば、

  • 訪問回数を1回増やせば、さらにこれだけの作業ができる
  • このエリアの全世帯がこの活動に取り組めば、XYZという物質を5割削減できる
  • サービス提供時間を1時間延ばせば、7割の家庭をカバーできる

といった形です。

手段が整理でき、ゴール達成への道筋が鮮明に描けたら、次は、だれがその活動を担当できるかを検討します。自団体で対応できなければ、
・参画者(団体)
・協力者(団体)
を探すこととなります。
達成手段(=活動内容)が不鮮明であったり、複雑なものであれば、参画してくれる方、協力してくれる方を見つけ出すことができません。

ゴール達成策(=社会的課題の解決策)は、明確でシンプルに整理しておくことが必要です。

5.ゴールと達成策をセットでアピールする

多くの場合、NPOは会員や賛助者、寄付者、協力者を募って、社会的課題の解決に取り組みます。

サポーターを募集する際には、「○○の解決に取り組んでいます」と提示するよりは、
「○○の解決に取り組んでおり、20XX年までに□□を△△%とすることを目標とし、以下の活動に取り組んでいます」
と提示した方が、効果大となります。

NPOのホームページや活動報告書、会員募集レター等、広報ツールのすべてにゴールと達成策、そして現在の進捗度を記して、より多くのサポーターを集めましょう。